Sorry, no corresponding articles.
--
--
--
no comments

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Related Posts

Next and Prev

Comments + Add Comment

Leave a comment

06
09
2010
0 comments

派遣前訓練64日目

64日目。


語学の最後の授業にして、
最後のイベント、
語学発表会。


他は10~15人ぐらいで
発表会をやるけど、ウチは5人しか
いないので、『のんびりやろう』と先生。


だから、1人の発表に対して、
みんなでたくさん質問するのが望ましい。


なにもテーマもストーリーもないところで、
喋ろうとか話を組立ようとかは苦手。


けれど、誰かが何かについて述べたことに
対して、質問したり深堀りするのは得意。


だからみんなの発表に対して、
質問しまくった。


単語は発表から拾って、文法はメチャメチャ
だったかもしれないけど、伝わればOK!


いままでの語学の授業で一番、
頭を使ったし、自分の言葉で喋ったと思う。


一方自分の発表は、
スタッフが見に来てなかったせいもあり、
プレゼンというより講義に近く、
喋ってるウズベク語はグダグダで、
だいぶ英語が飛びかった。


コンピュータのことだし、
ボシュカアロジヨウク(仕方がない)。


発表会は早めに終わり、
残った時間で、復習やトーク。


その中で、プレゼントも渡せた。


さっぱりしたメンバーが多いクラスの
なかで、自分が年長かつ女々しいほう。


泣くまいと意地をはってたけど、
最後に『カッタタナフス』(長い休憩)
と先生が言った時にヤバかった。


今回が最後の授業ではなく、
またいつかやろうってこと。


午後からは青遺海の会の講演。


不幸にも活動中に命を落とした隊員の
ご家族によって結成された遺族会。


壮絶な話の最後に
『便り』、『仲間』、『自分の心身の健康』
を大事にしてくださいと言われました。


夕方、郵送する荷物を送り出し、
夕食後に生活班で飲みに行った。


楽しく飲んだり、話したりしたあと、
班長と副班長にお礼のプレゼントを
渡した。


班長は号泣してたし、副班長は
それを見て嬉しそうだったし、
喜んでくれた。


プレゼントを作るのを引っ張ってくれた
メンバーもとても嬉しそうでホント良かった。


あまりまとまりにかける班だったけど、
そのきっかけが少ないだけで、
素晴らしいメンバーだったんだなと思った。


夜は、最後のDVD写真集め、
いろんなところに行って、
挨拶回りや連絡先交換をした後、
一番仲良くしてくれた同期のところへ。


たわいもない話をしたり、
宿泊塔内を探検したり、
守衛さんとドロケイしようなんて
遊んで過ごした。


さて明日で最後か。。。

Comments + Add Comment

Leave a comment

Urgench Time

Urgench Temp

Click for Urgench, Uzbekistan Forecast

Tweets

Counter (visitor)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。