Sorry, no corresponding articles.
--
--
--
no comments

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Related Posts

Next and Prev

Comments + Add Comment

Leave a comment

10
29
2011
0 comments

外で待つだけなんですけどね

大会当日。


朝のセレモニーにみんなで遅刻し、
中に入れないハプニングがあったけれど、
特に問題は無く昼食後、受付へ。


競技者の受付.jpg
タシケント本校のインドセンター2階で競技者の受付。


タシケントの学生とそれ以外の学生でわかりやすく雰囲気が違うこと、
これだけコンピュータ系の学生が集まると全体的にオタクっぽいこと、
などなどを面白いなぁと眺めていました。


競技の様子.jpg
こんな具合で競技に臨みます。


昨日絡んだ寮生がスタッフをしていたので、
中を見せてもらえたのはラッキーでした。


競技中のコーチ向け控室.jpg
引率者やコーチ向けの控室では大会サイトが映し出されます。


途中結果が更新されていくので、更新のたびに安堵やため息がおきます。


開始から2時間ぐらいしたところで問題が公開されたので、
反省会や学生との雑談に向けて自力で解いてみました。


1時間半で、
3問解き、他の問題の翻訳まででした。


3問が国内予選突破に向け安全圏と判断し、
サイトの前でウルゲンチ全チームが3問OKになるのを祈るばかり。


開始から4時間後、
3チーム目(初参加のチーム)にも3問目のAcceptedが表示され、
残りは安心してぼけーっとしていました。


終了後、
会場から出てきたウチの学生達は、
明るい表情の学生と冴えない表情の学生に
はっきり分かれていました。


明るい表情のメンバーは、
6問解き、2位で終えた上級生チーム、
3問解き、8位に食い込んだ初参加チーム。


英語の表やチョコレートが効いたよ~
なんて声も。


一方冴えない表情のメンバーは、
3問解き、6位となった2回目参加チーム。


5時間の競技の中、2時間15分で3問完了後、
残り時間ずっと解けずに終えた悔しさからでした。


解けそうで解けなかった問題の意味を他チームに聞き、
相当悔しがっていました。


全体でみると、
前評判が去年のメンバーより悪かったのにもかかわらず、
去年の成績(4位、9位、12位)を全てにおいて上回り、
素晴らしい結果となりました。


↓今回の問題
http://neerc.ifmo.ru/subregions/northern/problems.pdf


↓結果
http://neerc.ifmo.ru/subregions/standings/uzbekistan-2011-with-time.html


秘密兵器!?チョコレート.jpg
開始前、疲れたら食べるんだよと渡したチョコレート。


帰りに記念写真.jpg
1人OBの院生が混じっていますが、記念の1枚です。

Comments + Add Comment

Leave a comment

Urgench Time

Urgench Temp

Click for Urgench, Uzbekistan Forecast

Tweets

Counter (visitor)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。