Sorry, no corresponding articles.
--
--
--
no comments

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Related Posts

Next and Prev

Comments + Add Comment

Leave a comment

10
15
2011
0 comments

サマルカンドの大学を見学

サマルカンドのティムール像.jpg
紅葉の始まったサマルカンドで故郷シャフリサーブスを向いて座るティムール像。


というわけで、
サマルカンドにやってきました。


綿摘み休み期間中の息抜きということで、
サマルカンドとブハラをまわる予定です。


初日は大学巡りへ。


サマルカンド国立外国語大学.jpg
まずは、サマルカンド国立外国語大学に。


正門に掲示されている標語は英語と韓国語で書かれており、
この国から見たプライオリティがあらわれています。


カリモフ大統領の言葉.jpg
第一外国語として日本語が学べる大学で、
他のメジャー言語と一緒に日本の漢字が書かれているのは嬉しいですねぇ。


ここでは隊員と日本から来た方、
合わせて日本人2名が日本語を教えてるとのことでしたが、
皆さん仕事でタシケントに行かれてるそうで会えず残念。


学内にある日本文化センター.jpg
日本センターは「化」がカタカナみたいなので、通称「イヒセンター」と呼ばれてるのだとか。



サマルカンド外大の廊下.jpg
立派な廊下。


サマルカンド外大の壁画.jpg
階段には壮大な壁画。


サマルカンド外大の講義教室.jpg
綿摘み休みのため、学生は不在。


サマルカンド外大の学生寮.jpg
たくさんの学生を受け入れることができる寮も完備。


ウチのウルゲンチ校とは同じ系列校である
タシケント情報工科大学のサマルカンド校へ。


サマルカンド校の正面入口.jpg
なかなか立派な入口。


サマルカンド校の学費.jpg
国立大学なので学費はウルゲンチ校とさほど変わらない金額でした。


サマルカンド校の講義教室.jpg
数部屋見ましたが、ウルゲンチ校以上、外大以下といったところでしょうか。


サマルカンド校の廊下.jpg
窓が多いなぁと。


サマルカンド校のコンピュータラボ.jpg
ラボでコンテストのための勉強中の学生達に出会い、少し話をしました。


2チーム参加するとのことでしたが、
専門で教えてくれる先生はおらず、
自分たちで独学でやっているんだとか。


ここでもコンテストで綿摘みは免除されるとのことで、
勉強してるほうがいいと彼らも言っていました。


コンテストは難しいものになるでしょうが、
頑張ってほしいなぁと。

Comments + Add Comment

Leave a comment

Urgench Time

Urgench Temp

Click for Urgench, Uzbekistan Forecast

Tweets

Counter (visitor)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。