Sorry, no corresponding articles.
--
--
--
no comments

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments + Add Comment

Leave a comment

09
08
2011
0 comments

飛行機のチケットを返金するのは大変

チケット売り場の窓口に集まる人達.jpg
今日もウルゲンチの航空券売り場にはたくさんの人。


フェルガナまで買った飛行機のチケットが不要になり、
7回目の今日、全額返金してもらえました。


こちらの通貨、スムで買ったCP分は3回目に来た時に全額返金されたものの、
アメリカドルで買った自分の分の返金に7回通うことになったのです。


最近、
ウズベキスタン国内発着分について、
外国人はドルで買うように定められたのですが、
突然決まったやり方にシステムやオペレーションが、
対応できるわけがなく。。。


「ドルが無い。」
「返金のやり方がわからない。」
「タシケントに許可をもらわないとできない。」
などを繰り返し言われ続け、
その便が飛ぶのを目前にして、
この日のこの時間に返金の準備をしておくから来てくれと、
前向きな回答が。


その言葉通り、今日全額ドルで受け取りました。


首都タシケントでは迅速な対応がなされるそうなのですが、
地方ではそうはいかないのがウズベキスタン。


簡単なことでも、
何かのシステムやオペレーションを変更したとき、
その影響を考えながら実行できないのは過去に何度も経験済み。


こういったことの重要性を学ぶには、
失敗して痛い思いをするのが1番だと経験的に思うのですが、
ここでは「どこぞの強権発動で不満をシャットアウト」or
「のほほんとあきらめる」が定番なのでなかなかうまいことには。。。


失敗を失敗だと認めて、
そこから学ぶ姿勢が必要だなぁと、
人の振り見て我が振りを考えてみたり。


ちなみにウズベキスタン航空のチケットは、
フライトの24時間以上前であれば、
変更や解約に手数料はかからないそうです。

Comments + Add Comment

Leave a comment

Urgench Time

Urgench Temp

Click for Urgench, Uzbekistan Forecast

Tweets

Counter (visitor)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。