Sorry, no corresponding articles.
--
--
--
no comments

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Related Posts

Next and Prev

Comments + Add Comment

Leave a comment

05
07
2011
0 comments

大学生よりも若い世代

マーの活動するシャワットシャワット2番小中学校へ。


戦勝記念日イベントに参加するため。


旧ソ連時代から引き継いでいる、
第二次大戦で対独戦勝利を記念した5月9日の祝日に関連したイベント。


その中で日本の原爆についてのDVDを生徒や先生方に見てもらって、
戦争のこと、原爆のこと、平和のことを考えてもらいたいという思いもあっての参加。


↓会場
会場.jpg
映画館を貸し切って行われました。


生徒達の戦争を反対して、平和を願う暗唱から始まり、
途中日本語メッセージの粋な計らいが。


DVDでは途中、大人でも目を背けるような被害の実態のシーンで騒ついたりしながらも、
茶化したりすること無く、みんな真剣に見てくれました。


後半は生徒達のダンス。


↓これが一番かわいかった
生徒達のダンス.jpg
右から2番目の韓国系ウズベクの男の子がコミカルで、1テンポ遅れた踊りがツボ。


イベント終了後に、9年生に残ってもらって、
感想や意見を聞いたり、アンケートを書いてもらいました。


生徒達は自分の意見や考えをじっくり考えて、纏めながら書いて、
誠実にアンケートに向き合ってくれたのが印象的でした。


日本の教育で育ってきたためか、少年期に1都2県を転々と過ごしたためか、
諸外国の人達よりナショナリズムやパトリオティズムが希薄な自分には、
正直この国の暗唱や民族色の強すぎる出し物には、
どうしても違和感を感じます。


教育上「こうだ」という自分のではない誰かの思考の暗記を強いるのは、
なにかしらのコントロールの意図を。


客観的な事実や知識であるのだろうか、
過去に正しいと思っていたものが間違っていたとき、
きちんと改訂しながら続けられているのだろうかという疑いを。


過去に学び現在・未来に活かすなら良いけれど、
過去に縛られたり拘ったりして自由な発想を選択肢を狭めていないかと。


これまで大学生や高校生にアンケートを書いてもらったり、
口頭試験で質問をしたりしたとき
(口頭試験は暗唱要素が強いから自由に答えられる質問を)、
自分の経験や知識からの考えではなく、単なるべき論的な回答、
丸ごと暗記したような知識の喋りの多さが気になっていました。


今回もそうなるのではと悲観していましたが、
9年生の様子にただ単純に嬉しくなりました。


普段関わる大学生達は、ちょうど独立のころ生まれた世代。


今回の子供たちは独立後の世代。


世代によって変化があることを知って、
この国の未来が少し楽しみになりました。


↓9年生&先生方と記念撮影
9年生&先生方と記念撮影.jpg
最後に記念撮影。

Comments + Add Comment

Leave a comment

Urgench Time

Urgench Temp

Click for Urgench, Uzbekistan Forecast

Tweets

Counter (visitor)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。