Sorry, no corresponding articles.
--
--
--
no comments

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Related Posts

Next and Prev

Comments + Add Comment

Leave a comment

05
03
2011
0 comments

もっと英語を

黒板.jpg
放課後のとある教室の黒板。


日本だと中学校で習うような単語達。


ウチの大学の学生や先生達の英語力はピンからキリまで。


国立大学といえども、キリにあたる層だと自分がウズベク語で英語を教えられるようなレベルで、
彼らにとってはこの単語達も難しいわけです。
※ピンは、日常のことから一般的なことまでならネイティブと喋れるぐらいで、
自分にロシア語やウズベク語を英語で教えてくれる人も。



プログラミングコンテストに参加する優秀な学生達でも、
英語がほとんど分からないっていうメンバーもいるぐらい。
※コンテストは英語で出題なので、チームメンバー3人の中に最低1人は英語担当がいます。


そんな現状を大学や担当省庁もわかっていて、
ウチの新しい学長が来たときは、職員集会で英語の必要性を訴えたり、
学校側の先生達への試験に英語も含まれているらしく、
仕事の合間に英語を勉強する先生がいたり、と。


ITの世界は基本英語なので、
英語のまま日本でも使われている言葉が多く、
そんな言葉をウズベク語に置き換えるのは、とても大変です。


授業でも、
英語のまま理解してほしい言葉を教えるときに説明を求められると、
片言の自分のウズベク語ではほとんど無理なことが多いです。
※ロシア語で該当する言葉があれば、それを伝えるのが精一杯。


いきなりコンピュータ関連の専門的な単語を理解するのは難しいので、
この国の情報化推進とともに、学校での英語学習の時間を増やしたり、
テレビや新聞などのメディアで英語使用を増やすなど、
少しずつ英語に対する免疫がつくような社会になれば良いのになぁと思います。

Comments + Add Comment

Leave a comment

Urgench Time

Urgench Temp

Click for Urgench, Uzbekistan Forecast

Tweets

Counter (visitor)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。