Sorry, no corresponding articles.
--
--
--
no comments

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Related Posts

Next and Prev

Comments + Add Comment

Leave a comment

04
23
2011
0 comments

Gmailのススメ7(フィルタ)

前回のラベルの強力な相方、「フィルタ」について。


フィルタで自動ラベル付与


ラベルでメールを分類して管理する上で、
1つ1つのメールに直接手でラベルを付けていくのは、とても大変。


フィルタ機能を使って、自動でやっちゃいましょ~


フィルタ設定手順


1)フィルタ作成画面へ。
gmail_filter4.jpg
Gmailログイン後、「フィルタを作成」をクリック。


2)フィルタの条件指定
gmail_filter2.jpg
自動でラベル設定したいメールの条件を指定して、「次のステップ」をクリック。

From : 差出人(送信者)のアドレスや名前を条件に指定するとき(部分的に一致も可)
To : 宛先(受信者)のアドレスや名前を条件に指定するとき(部分的に一致も可)
件名 : 件名の中の単語を条件に指定するとき(部分的に一致も可)
キーワード : キーワードによる条件指定(特に高度なフィルタコマンドで利用)
含めないキーワード : キーワードによるマイナス条件指定(特に高度なフィルタコマンドで利用)
添付ファイルあり : 添付ファイルのあるメールを指定

↓高度なフィルタ設定はこちらを
Gmailフィルタの使い方。


3)処理方法の選択
gmail_filter3.jpg
フィルタの条件指定により対象となったメールに対する処理方法を選択します。

ここで「ラベルを付ける:」にチェックをし、隣のプルダウンからラベルを選びます。

「このフィルタを下記のXX件のスレッドにも適用する」をチェックすると、
フィルタ作成と同時に処理方法を適用できます。

「フィルタを作成」をクリックすると、完了です。

フィルターを作成しておくと、
以後届くメールに自動でラベルが付いて、とーっても便利♪

Comments + Add Comment

Leave a comment

Urgench Time

Urgench Temp

Click for Urgench, Uzbekistan Forecast

Tweets

Counter (visitor)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。