Sorry, no corresponding articles.
--
--
--
no comments

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Related Posts

Next and Prev

Comments + Add Comment

Leave a comment

04
05
2011
0 comments

進むスム安、上がる物価

近頃、加工食品や日用品をはじめとした軽工業製品の値上がりが進んでいます。


お店の人に理由を聞くと、仕入れが上がったからと至極当然の回答。


学生との話しの種に聞いてみると、
たいていが輸入品で、スム安のせいじゃないかとのこと。


対ドルのレートは自分の生活に直接影響するので、
毎週のようにバザールの両替商のおじさん達に尋ねてます。


細かい上下があるものの100ドルに対するスム換金額は確実に右肩上がり。


自分が来てからの約9ヶ月で、1割程度増えました。


支給されるドルを現地通貨に換金して、単位あたりの量が見かけの上で増えるのですが、
そのあと訪れる消費のシーンで、増えた分以上の割合で消えていきます。


自分達はJICAより十分な生活費を支給されているので多少のことでは困窮しませんが、
現地の人達はどう感じているのだろうかと気になります。


特にスムで収入を得ている人達は?


つまり、
農業で作物を貿易商に売って生計をたてるような農家は、
きっちりスム安による輸出額増の恩恵をちゃんと得てるのか?


タクシー運転手やチャイホナ(大衆食堂)などの内需が仕事の人達は、
ただインフラに耐えるだけなのか?


2010年ウズベキスタンのインフレ率は7.3%というニュースを聞きましたが、
実際どうだったのでしょう?今年はもっと進みそうな雰囲気。


2010年のGDP成長率8.5%だったらしく実感できるレベルのはずですが、
一般の人達は感じているのでしょうか?きっちり還元されているか謎なのです。

Comments + Add Comment

Leave a comment

Urgench Time

Urgench Temp

Click for Urgench, Uzbekistan Forecast

Tweets

Counter (visitor)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。