Sorry, no corresponding articles.
--
--
--
no comments

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Related Posts

Next and Prev

Comments + Add Comment

  • Tateru  2011/03/01 at 23:29
    ラベルの例
    例に挙げたフォルダ構造をそのままラベルに置き換えたらどうなるのか見てみたいなー。
  • クラクロック  2011/03/08 at 10:49
    Re: ラベルの例
    メールのルートフォルダ(親)以下の子、孫、ひ孫・・・のフォルダ名がラベルとして、そこに位置するメールに付く(子フォルダのメールは子ラベルが、孫フォルダのメールは子と孫ラベルが)んだけど、それをWebで表現するのは、、、 自分の表現力では(ry

Leave a comment

02
26
2011
2 comments

Gmailのススメ6(ラベル)

わたくし、クラクロックがGmailを進める最大の理由、「ラベル」について。


ラベル:フォルダのようで全く違う機能


個人的には「多次元仮想フォルダ」なんて考えています。


フォルダでのメール分類だと困難


メールを分類して整理するとき、どんなふうに分けていますか?

ある人は「誰からのメール」で分けると言い、
ある人は「どんな内容のメール」で分けると言います。
他にも「月別にして、いつのメール」で分けるっていう人もいるかもしれません。

自分は、「内容」と「誰」を組み合わせて、
Outlook、Becky!などを利用して、こんな具合にフォルダ分けで整理してきました。
<テキトーな例>
ルートフォルダ
├進行中のプロジェクト
│├A社基幹システム海外展開
││├A社Z部長
││├A社Yさん
││├
││
│├O社営業管理システム運用・保守
│├

├完了プロジェクト
│├B社新システム移行
│├E社サーバリプレイス
│├G社物流システム運用・保守
│├

├社内
│├総務より
│├雑務
│├提出物
││├Fマネージャへ
││├Kディレクターへ
││└Lシニアディレクターへ
│├社内ワークショップ
│└その他
│ ├2010年忘年会幹事
│ └飲み会
└不要

分類し始めの頃は順調なのですが、すこしづつ分類に困るメールが出てきます。

例1)1通のメールに2つの内容
1通のメールに1つの用件は自分としてはマナーだと思うのですが、
相手が忙しかったり、ちょっとウッカリ、そもそもマナーと考えていないなどで、
複数の用件が盛り込まれたメールが来ることがあります。

そうすると、どこへ分類したものか?と困ります。

手間ですが、メーラ内でメールを複製して、
それぞれのフォルダに配置するなどして工夫していました。

例2)分類の仕方に問題がある場合
上の例だと、総務からFマネージャを経由する提出物の依頼を受けた場合、
どこへ分類したものか?と困ります。

分類のカテゴリー分けが完璧なら発生しませんが、例えば1年を通じて、
あるいはそれ以上長い期間に向けて、事前に誤りの無い予想をするのは難しいです。

この場合、分類を見直して、過去に分類したメールの再整理などが必要となります。


こんな経験をしてきた自分には、Gmailのラベル機能に衝撃的でした。


ラベルだと分類に問題が起きない


Gmailのラベル機能は、フォルダのようにどこかへメールを所在を変えるわけではなく、
ただそのメールに分類のためのキーワードを見出しとして付けるだけです。

その上、複数のラベルを付けることも可能なので、例1では、2つの内容をラベルして、
どちらのラベル検索でもひっかかるようにすれば問題解決、例2でも同様です。

そもそも親子階層でフォルダ分けのころ努力していた部分は、
その階層の数だけラベルを付ければ、全てのラベルで検索でき、
それらすべての仮想フォルダに入っているかのように機能します。

まず「誰」で分類して(1次元)、次に「内容」で分類して(2次元)・・・
といった感じで簡単に多次元分類することが可能です。


ラベルの利用方法


1)ラベルを作成します。

右上の「設定」をクリック。

⇒画面が切り替わって中央より少し左上の「ラベル」をクリック。

⇒画面が切り替わって一番下までスクロールして、以下の画面へ。
ラベル作成.jpg
テキストボックスに好きな名前を入力して、「作成」をクリック。

これでラベルの作成ができました。

このラベルの画面で、ラベルの名前変更や削除もできます。


2)メールにラベルを付けます。

いろいろやり方がありますが、一番簡単な方法を。

ラベルを付けたいメールを開いて、「その他の操作」のプルダウンを開きます。

⇒「ラベルを付ける:」の下に用意したラベルが出てきますので、それをクリックします。
メールにラベル付与.jpg
これでメールにラベルが付きました。

Gmailのトップ画面に並ぶメールの横のチェックボックスからラベルを付けることも可能で、
その方法だと複数のメールをまとめてラベルを付けることも可能です。

ラベルを外すときも、同じように「その他の操作」のプルダウンを開き、
「ラベルの削除:」の下に付いているラベルがあるので、削除したいラベルをクリックします。


3)ラベルでメールを検索します。

↓ラベルを作成すると、Gmailの画面で「ラベル」の下にリンクが作られます。
ラベル検索のリンク.jpg
検索したいラベルをクリックするだけで、ラベルの付いたメールに絞り込まれて表示されます。


長くなりましたので、ラベルの相方、「フィルタ」は次回で~

Comments + Add Comment

  • Tateru  2011/03/01 at 23:29
    ラベルの例
    例に挙げたフォルダ構造をそのままラベルに置き換えたらどうなるのか見てみたいなー。
  • クラクロック  2011/03/08 at 10:49
    Re: ラベルの例
    メールのルートフォルダ(親)以下の子、孫、ひ孫・・・のフォルダ名がラベルとして、そこに位置するメールに付く(子フォルダのメールは子ラベルが、孫フォルダのメールは子と孫ラベルが)んだけど、それをWebで表現するのは、、、 自分の表現力では(ry

Leave a comment

Urgench Time

Urgench Temp

Click for Urgench, Uzbekistan Forecast

Tweets

Counter (visitor)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。