Sorry, no corresponding articles.
--
--
--
no comments

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Related Posts

Next and Prev

Comments + Add Comment

Leave a comment

02
16
2011
0 comments

たくさんの鳥の巣があって

たくさんの鳥の巣.jpg
大学から家までの途中に、たくさんの鳥の巣が集まって、夕方とても騒がしい場所があります。
その時間は、親鳥たちが忙しなく飛び回って、雛に餌を与えてるようです。


鳥は、その目で餌をつぶさに見つけ、次から次へと巣へ餌を運ぶのです。


そんな鳥達を見て、「鳥の目、虫の目」という言葉を思い出しました。


高い場所から広い範囲を見渡す目が「鳥の目」であり、
一方で虫眼鏡でのぞき込むように対象物に近づいて、
詳細をじっくり観察するのが「虫の目」です。


経済用語では、「マクロの視点、ミクロの視点」と言われている事柄です。


会社員のころの研修で、
組織の現場改革ではどちらも必要であると、
鳥の目で組織における「全体最適」の視点を、
虫の目で様々な現場の視点を捉えて方法論を決定して行動すべきだと。


いまの自分の抱えるミッションでももちろん必要な行動指針で、
「それがどこまでできているのかなぁ。」と、
「大学の全体最適なんて途方もない目標だなぁ。」と、
「まずは目の前のことで成果を出して、その先に繋がるきっかけづくりからだなぁ。」
なんて思いながら帰りました。


↓観覧車からの夏のウルゲンチ
観覧車からの夏のウルゲンチ.jpg
実際に鳥にはなれませんが、高いところから見たウルゲンチの風景です。
高い建物はほとんどありませんが、広さはけっこうなものです。


明日はもっと、「Think Globally, Act Locally!!」

Comments + Add Comment

Leave a comment

Urgench Time

Urgench Temp

Click for Urgench, Uzbekistan Forecast

Tweets

Counter (visitor)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。