Sorry, no corresponding articles.
--
--
--
no comments

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Related Posts

Next and Prev

Comments + Add Comment

  • longy  2011/02/09 at 13:50

    お疲れ様です。

    私も先日教員の卵たちに講義をしてきました。
    こっちは逆に質問がほとんどなくて驚きです。
    女性ばかり50人というのもあったのでしょうが、恥ずかしがってあまり反応がありませんでした。

    習慣の違いというのがあるんですかね~。
  • クラクロック  2011/02/10 at 16:38
    Re: タイトルなし
    高校1年生の中でもきっと同じで、男の子ばっかり質問して女性陣は終始おとなしかったよ。

    ウズの場合、ムスリムのことだったり、習慣的なものなんだろうなぁという理解ができるけど、スリランカでも男性社会が強いのかねぇ。

Leave a comment

02
07
2011
2 comments

高校へ出張授業

高校へ出張授業.jpg
先週、大学の近くにある高校へ行き、授業をしてきました。


高校の生徒が70名(全員高1生)ぐらい、教師(校長も)が10名ぐらい見に来て、
自己紹介と日本のことを簡単に話した後、日本の高校生の1日について話してきました。


↓用意した資料
用意した資料.jpg
マジックで描いた図を中心に、プロジェクタで投影した写真を補足として説明に使いました。


CPが一緒に行って言葉をフォローしてくれたのと、生徒達は英語を習っていることもあって、
コミュニケーションは難しい単語以外、大した問題になりませんでした。


生徒たちからたくさんの質問を受け、中には答えづらい質問も、、、


Q:日本の学生に比べて、ウズベキスタンの学生の学力は、どうですか?
A:トップのレベルは差が無いけれど、平均が低いです。
(プライドの高いウズの人の中に自分1人だけがいる状況で、何のフォローも無しに全体的に低いとは言えず。。。)


Q:それはどうしたら良くなると思いますか?
A:学生は勉強する時間を増やすのと、教師達は授業を工夫する必要があると思います。
(大人達の教育に対する価値観の問題、綿摘み、賄賂、不正、国の政策などいろいろ頭を駆け巡るが言えるわけもなく、
生徒の前で教師を悪く言うようなことはできないので、暗記重視の授業改善の本音も言えず。。。)




この流れを含めた、その前後の質問がしんどかったです。


けれど、ささやかな抵抗として、


Q:勉強する上でのアドバイスをお願いします。
A:勉強を楽しくする必要があります。人間の脳は、面白いことは簡単に覚えるけれど、
つまらないことは、なかなか覚えられないです。例えば、好きな歌手の歌は簡単に覚えるでしょ。
数学の問題などで難しい問題が解けたら、一人でいたとしてもたくさん喜んだり、
例えば歴史など、なにか覚えるのに困ったら、歌を歌いながら一緒に覚えたり♪


Q:学校(ウズベキスタン)の授業はどうですか?
A:ワーク形式の授業を増やしたら良いと思います。
講義形式の授業でたくさんの知識を教えることも大事ですが、
ワーク形式の自分で考えたり、なにか手を動かして作ったりする経験から、
たくさんのことを学べるし、頭に良く残ります。


授業の前に校長先生から、
「近頃の生徒達は勉強しないでゲームやテレビばかり。」
はっぱをかけてほしい
というようなことを言われましたが、
あまり気にせず、このあたりは言いたいことを言いました。


けれど、校長先生をはじめとする教師の方々の目があったので、
全体を通して、あまりふざけたことや、ゆるいことは言えませんでした。
※気分転換で途中にやろうと用意していたアイスブレイク(日本の手遊び)も使わず。
今思えば、手遊びは頭の体操で良いとかなんとかこじつけて、やればよかったと。。。



60分の時間をいただき、飽きさせないように堅い話しにならないように、
というのと、校長をはじめとした本職の先生達が見ていた緊張感の間で揺れて、
うまいこと自分のペースに持っていくことができませんでした。


ここの実情を調査するために準備した用紙です。


↓記入用紙
記入用紙.jpg
時計に自分の1日の過ごし方を、裏には質問や感想を書けるようにして、配りました。


授業時間内に書いてもらって集めたかったところですが、
質問コーナーが長くなり、書けた生徒はその場で提出、まだの生徒は後日大学まで届けることに。


しかし、大学まで届けに来た生徒は今日まで0。


その日に集まった分だけで、分析することになりそうです^^;


あと、ウルゲンチの街ですが、着々と回復しつつあります。


道路は通常時よりはまだ少ないものの、車が走り、巡回タクシーやバスも使えるようになり、
バザールは屋根に登ったり、排水溝の雪を書きだしたりして復元がさらに進み、
学校は学生も職員もたくさん通学通勤し、授業も通常通りに戻りました。

Comments + Add Comment

  • longy  2011/02/09 at 13:50

    お疲れ様です。

    私も先日教員の卵たちに講義をしてきました。
    こっちは逆に質問がほとんどなくて驚きです。
    女性ばかり50人というのもあったのでしょうが、恥ずかしがってあまり反応がありませんでした。

    習慣の違いというのがあるんですかね~。
  • クラクロック  2011/02/10 at 16:38
    Re: タイトルなし
    高校1年生の中でもきっと同じで、男の子ばっかり質問して女性陣は終始おとなしかったよ。

    ウズの場合、ムスリムのことだったり、習慣的なものなんだろうなぁという理解ができるけど、スリランカでも男性社会が強いのかねぇ。

Leave a comment

Urgench Time

Urgench Temp

Click for Urgench, Uzbekistan Forecast

Tweets

Counter (visitor)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。