Sorry, no corresponding articles.
--
--
--
no comments

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Related Posts

Next and Prev

Comments + Add Comment

Leave a comment

12
29
2010
0 comments

青年海外協力隊の費用

事業仕分けのことで気になり、
自分達の派遣には一体いくらかかっているのかを
以前調べてみました。


↓参考サイト(JICA公式サイト)
http://www.jica.go.jp/information/other/2010/pdf/20101117_02.pdf


全て21年度実績ベースです。
※資料の関係上、青年海外協力隊及び日系青年ボランティアの合算。


【活動実績】4188名
【関連経費】14053百万円

 ↓
【1年あたりの1隊員にかかる経費】336万円


応募-訓練-活動-帰国後支援で、
ほとんどの場合3年間にまたがってお世話になるので、
1隊員あたりトータル約1000万円になるようです。


では、、、


これは高い数字でしょうか?
それともコスト節約の努力が見られる妥当な数字でしょうか?


正直、自分にはサッパリ判断つきません、、、


大手企業の新卒採用から3年後に一人前になるまでの教育費など、
もろもろで1人あたり1000万円は下らないとか、
人材業界のバブリーな頃の話と比べて考えると、
低コストで運営できているものだなぁと感心してしまいましたが。。。


さて、話しのおおもと事業仕分けのことですが、
ここでは言及しません。


テレビなどのニュースでは事業全体のことは論じられてますが、
ミクロな視点からのはとても少ないので、
そんな数字だけをインターネットに発信してみました。
※こうやってブログを続けているのは、ミクロなところから活動を発信するためでもあります。


そして事業仕分けについては、
活動が始まって半年でまだ見えていないことだらけで、
なんとも言えません^^;


【事業の目的】
開発途上地域の住民を対象として当該開発途上地域の経済及び社会の開発又は復興に
協力することが目的であり,
①途上国の経済・社会の発展への寄与,
②友好親善・相互理解の促進,及び
③ボランティア経験の日本社会への還元
の3点を事業趣旨・理念としている。
国民が自発的な意思に基づいて参加する国際協力のための事業である。
---



を(訓練でミミタコですけど)、まずは2年間念頭に置いて活動してみます。
※イラっときたら、忘れそうですが(。・ω・。)


活動を終えたらなにか物申したくなると思うので、
この続きはそのときに~

Comments + Add Comment

Leave a comment

Urgench Time

Urgench Temp

Click for Urgench, Uzbekistan Forecast

Tweets

Counter (visitor)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。