Sorry, no corresponding articles.
--
--
--
no comments

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Related Posts

Next and Prev

Comments + Add Comment

Leave a comment

10
28
2010
0 comments

列車に乗って

列車に乗ってタシケントへGO!


15時にウルゲンチ駅に集合し、
15時55分の列車に乗って18時間のタシケントまでの旅。


生徒達に何持ってくか聞いてみたところ、
食べ物と服とのこと。


↓遠足気分で買った食料
カップ麺とお菓子.jpg
調整員から列車内でお湯があるかもと聞き、こっちのカップ麺を買ってみました。


こっちのカップ麺は日本と変わらない値段なので相対的に高いですが、
出張で日当がいただけるので奮発して買っちゃいました( ̄+ー ̄)


あと、大好きなソムサ(ミートパイ)やピロシキも
バザールで買って持って行きます♪


(追記)
列車は予定より20分遅れて発車し、タシケントへ向けて出発。


様子を写真で紹介します。


車内は4人用のボックス席と通路を挟んで、
反対側に2人用の席があります。
※通路は中心より少し寄って車内を通ってます。


↓4人席の上に夜寝る用の布団など
マキシム.jpg
4年生のマキシムという学生で、アメリカに留学経験もあるナイスガイ。


↓4人席の様子
車内4人席昼モード.jpg
椅子の下に各々の荷物を入れられます。


↓2人席の通常時
車内2人席昼モード.jpg
2人席のほうには荷物をしまう場所が無くて、大変そうです。


↓2人席の就寝時の様子
車内2人席夜モード.jpg
真ん中のテーブルを反転して下げることができ、布団を敷くことができます。


旅では列車がとてもゆっくり進みます。
ほとんどが単線で、駅と駅の間隔も大きいので、
何もないところで停車して逆方向の列車とすれ違うこともしばしば。


最初の1時間ぐらいはホレズムの街中を進みます。


↓そして見えたのがアムダリヤ川(アム川)
アムダリヤ川.jpg
乾燥地帯でステップに属するホレズム地方を潤す偉大な川です。
堤防の大きさや川の内側にある陸地などを見るかぎり、
以前はもっと大きくて深い(きっと5倍とか10倍)川だったのに、
干上がってしまっているように思えました。


アムダリヤ川までは建物や畑が続きましたが、
川を越えるとステップの乾燥地帯が永遠なのかと思うぐらい続きます。


↓ステップの大地
ステップの大地.jpg
まばらに草が生えている以外は、電線と粗悪な作りの道路だけで、
地平線までステップの大地です。


夕食は、みんなで持ち込んだ食べ物たちです。


↓ボックス席に集まっての夕食
車内ディナー.jpg
車内はお湯もあり、お茶を入れてパンとソーセージ、
果物などを食べました。


車内でカウンターパートや生徒達とおしゃべりをして過ごし、
20時ぐらいから周りが寝始めたので、
自分達もそれに合わせて解散して就寝です。


↓就寝時
車内4人夜モード.jpg
きれいなシーツや枕カバーが支給され、けっこう寝やすかったです。

Comments + Add Comment

Leave a comment

Urgench Time

Urgench Temp

Click for Urgench, Uzbekistan Forecast

Tweets

Counter (visitor)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。