Sorry, no corresponding articles.
--
--
--
no comments

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Related Posts

Next and Prev

Comments + Add Comment

Leave a comment

09
26
2010
0 comments

パフタへ

ついに自分もパフタへ。


学生達がどんな感じでパフタ摘みしてるかを知りたくて
パフタに行きたがってたのですが、
着いた場所に生徒はおらずΣ( ̄□


どうやら職員担当分の畑とのこと。


残念だけど頭を切り替え、
初めて見る綿花をしっかり体験することに。


↓着いたらこんな畑
P1010749.jpg
土手の奥が一面綿花です。


↓畑の真ん中に小屋
P1010747.jpg
ここで調理したり、寝泊りもします。


↓摘んだパフタ
P1010750.jpg
無造作に地べたに置いてあるのですが、
あとで工場に運ばれて洗浄されます。


↓天然のベッド!?
P1010773.jpg
駒ヶ根訓練所で雪が降った時のことを思い出し、
飛び込んでみました。
※ふかふかでけっこうイイ感じ♪


↓カウンターパートも
P1010774.jpg
一緒になってふざけてくれました♪


さて本題のパフタ摘み。


日本では綿花はあまりなじみが無いので、
写真を使って紹介します。


↓開花後に成熟した「さく」
P1010756.jpg
ひとつの苗にこんな「さく」が、いくつかできます。


↓これが「綿毛」
P1010755.jpg
さくが開くと綿毛が飛び出します。


↓綿毛を引っ張った様子
P1010764.jpg
普段目にする綿はまさにこれですね。


↓綿毛をとった後に残る柄
P1010763.jpg
綿毛の中に入っている種ごときれいにとれます。


↓綿毛の中の種
P1010766.jpg
これから綿の油を作るとのことです。


おぉなるほど~と感動しながらパフタを摘んでると、
先に休憩に入られた大学のサブディレクターからお呼びが。


↓酒盛り
P1010759.jpg
まだ10時過ぎなのに酒盛りが始まりました(笑)


↓当然ウォッカも
P1010780.jpg
もちろん彼も同席です。


話題はひたすら下ネタでした。
みんなイイ大人ですが、
日本とウズベキスタンの文化の違いについて興味津津♪
お酒の入った自分がきっちり質問に答えるので、
どんどんエスカレートw
※繰り返しますがまだ10時過ぎ(笑)


ウォッカを5,6杯いただいたあたりで、
逃げるようにまたパフタ摘みへ。


お昼になり、小屋へ。
再びウォッカ登場^^;


↓小屋の中
P1010815.jpg
農家の方々と踊ったり、


↓近所の子供達
P1010784.jpg
子供たちとカメラで遊んだりサッカーしたり、


↓この畑を管理する農家のロバ
P1010788.jpg
ロバと会話したりしてました。
※思えばこの時すでにだいぶ酩酊気味


午後も一生懸命パフタを摘みました。


↓摘んだパフタを入れる袋
P1010817.jpg
腰に袋を引っかけて、パフタをどんどん入れていきます。


↓畑の中からの景色
P1010818.jpg
ホレズムは雲ひとつない空が多いのですが、
少し薄く雲があって、周りは綿花でこんな景色でした。


けれど、
ちゃんと覚えているのはここまで。


そのあと、3時過ぎにまた酒盛りが始まって、
リンゴを勧められてたくさん食べたところまで
覚えているのですが、、、

Comments + Add Comment

Leave a comment

Urgench Time

Urgench Temp

Click for Urgench, Uzbekistan Forecast

Tweets

Counter (visitor)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。