Sorry, no corresponding articles.
--
--
--
no comments

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10
31
2011
0 comments

タシケントでもシャワーを浴びれないことがある

夕方の列車でウルゲンチへ戻ります。


そんな今日は、
タシケントでぜひともシャワーを浴びて、
ウルゲンチの生活に備えたいところ。


けれど、
今日どころか移動&タシケント滞在の間、
計5日間シャワーを浴びれず、
洗面台で顔や頭、首を洗うのが精一杯。


宿泊先の大学寮で、
断水&水回りのイケてない部屋ゆえ。


ウルゲンチであれば、
気にならないけれど、、、


乗合タクシーでも乗れば、
どこからか酸っぱい匂いなど。


タシケントでは、
クンクンしてもそんなことはなく。。。


タシケント隊員や同期などに電話したりして、
足掻いてみましたがダメでした。


自分の匂いが気になりつつも、
タシケントの一番都会なゾーンをふらふら。


ウズベキスタン国立銀行.jpg
銀行では匂いが気になって見栄を張り、無駄に2000ドル下ろしてみたり。
スポンサーサイト
10
30
2011
0 comments

レストランへ5Dシネマへ

ウルゲンチ行きの列車が無いため、
タシケントでフリーな1日。


親戚や友人と会う約束がある学生はそちらへ、
特に用事の無い学生はバザールへ、
カウンターパートは博士課程の入試にむけ勉強、
自分は電気関係の部品を探しに電気街へ。


夕食はレストランで御馳走することになっていたので、
アミールティムール広場で集合し、近くのレストランへ。


レストランでお腹いっぱいになった後は、近くを散策。


通りの景観を楽しみながらおしゃべりしたり、
ブティック街で売ってる商品の値段に目を丸くしたり。


タシケントの5Dシネマの前で.jpg
噂の5Dシネマにも行きました。


通りで記念写真.jpg
タシケントは夜も明るいなぁ。
10
29
2011
0 comments

外で待つだけなんですけどね

大会当日。


朝のセレモニーにみんなで遅刻し、
中に入れないハプニングがあったけれど、
特に問題は無く昼食後、受付へ。


競技者の受付.jpg
タシケント本校のインドセンター2階で競技者の受付。


タシケントの学生とそれ以外の学生でわかりやすく雰囲気が違うこと、
これだけコンピュータ系の学生が集まると全体的にオタクっぽいこと、
などなどを面白いなぁと眺めていました。


競技の様子.jpg
こんな具合で競技に臨みます。


昨日絡んだ寮生がスタッフをしていたので、
中を見せてもらえたのはラッキーでした。


競技中のコーチ向け控室.jpg
引率者やコーチ向けの控室では大会サイトが映し出されます。


途中結果が更新されていくので、更新のたびに安堵やため息がおきます。


開始から2時間ぐらいしたところで問題が公開されたので、
反省会や学生との雑談に向けて自力で解いてみました。


1時間半で、
3問解き、他の問題の翻訳まででした。


3問が国内予選突破に向け安全圏と判断し、
サイトの前でウルゲンチ全チームが3問OKになるのを祈るばかり。


開始から4時間後、
3チーム目(初参加のチーム)にも3問目のAcceptedが表示され、
残りは安心してぼけーっとしていました。


終了後、
会場から出てきたウチの学生達は、
明るい表情の学生と冴えない表情の学生に
はっきり分かれていました。


明るい表情のメンバーは、
6問解き、2位で終えた上級生チーム、
3問解き、8位に食い込んだ初参加チーム。


英語の表やチョコレートが効いたよ~
なんて声も。


一方冴えない表情のメンバーは、
3問解き、6位となった2回目参加チーム。


5時間の競技の中、2時間15分で3問完了後、
残り時間ずっと解けずに終えた悔しさからでした。


解けそうで解けなかった問題の意味を他チームに聞き、
相当悔しがっていました。


全体でみると、
前評判が去年のメンバーより悪かったのにもかかわらず、
去年の成績(4位、9位、12位)を全てにおいて上回り、
素晴らしい結果となりました。


↓今回の問題
http://neerc.ifmo.ru/subregions/northern/problems.pdf


↓結果
http://neerc.ifmo.ru/subregions/standings/uzbekistan-2011-with-time.html


秘密兵器!?チョコレート.jpg
開始前、疲れたら食べるんだよと渡したチョコレート。


帰りに記念写真.jpg
1人OBの院生が混じっていますが、記念の1枚です。
10
28
2011
0 comments

栄養をつけて大会に臨もう

タシケント情報工科大学タシケント本校で受付.jpg
タシケント本校へ到着し、無事に受付も完了。


今回も大学の寮で寝るところを確保し、
ちょいとJICA事務所で事務作業を。


寮へ戻って夕食を~
と、学生達の様子を見ていると、
ジャガイモとニンジンと玉ねぎで料理をするとのこと。


大会前日なのだから、
もっと精のつくものを食べようと思い、
近くの商店へ。


牛肉、トマト、ニンニク、コショウを買って、
ウズベキスタンっぽい煮込み料理を作ることに。


途中、
寮のほかの学生などギャラリーがたくさんで、
相手するのが面倒でしたが、
味付けを確認してもらいながら、料理完成。


夕食の様子.jpg
こんな感じでみんなで夕食を食べ、明日に向けて歓談。


メンバーは左から
アザットビック(写真の外側、今年のエース、数学に強く幾何学系も得意)
ジャナル(写真の外側、紅一点、クールだけど笑うとかわいい)
オスモン(今年初参加、人懐っこいイイ奴、ちょいと頼りない)
ノーディル(普通にイケメンで紳士、サッカーめちゃウマい)
ジャムシッド(今年初参加、老けているけれど2年生、チームを引っ張る)
オイベック(カウンターパート)
自分
クワンディック(見た目通りの理論派、案外やさしい)
サッポロボーイ(ふざけてのけ反っていて写真外、一番ウズベク人だなぁと)
イズザット(今年初参加、苦手の英語だいじょぶかなぁ)
アクバル(撮影者、一番自分に気を使ってくれる、オッサン顔もご愛嬌)
10
27
2011
0 comments

2等車の威力

2等車の2階部分のベッド.jpg
3等車に比べ、天井までゆとりのある2等車の2階部分。


今日からプログラミングコンテストでタシケントへ。


間際で切符を買ったため、
3等車に空席が無いと言われ、
2等車で行くことに。


祝!初2等車!!


駅で学生達と集合し、
別々のところに乗車となったのは仕方なし。。。


それにしても2等車快適すぎる~


綺麗で、荷物を置く場所の余裕もあるし。


値段は片道(ウルゲンチ⇒タシケント)で
2等車:65000スム(約2170円)
3等車:45000スム(約1500円)
といった違いです。


2等車の廊下.jpg
作りがしっかりしていて、絨毯の敷かれた廊下。


2等車のトイレ.jpg
トイレは綺麗なうえに紙まで付いてました。


と言っても、使い方が上手でないこちらの人達ゆえ、
翌日には汚くなるという前提で利用しましょう。
Total 7 Pages:»

Urgench Time

Urgench Temp

Click for Urgench, Uzbekistan Forecast

Tweets

Counter (visitor)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。