Sorry, no corresponding articles.
--
--
--
no comments

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
01
31
2011
0 comments

大学の数学その1

積分の問題.jpg
先週、1年生の学生との数学の話しの流れで問題を出されました。


大学での空いた時間や自宅で格闘したものの、3行目まで(黒)しか展開できず、
4行目以降最後まで(青)解き方を教えてもらいました。


↓ちょいと読みづらいので清書
積分の解答.png
ポイントは「arctan(tan関数の逆関数)を微分した形」を知っているかだと、、、


知識フル動員でいろいろ変形したものの、自分が積分できる形にならず。。。


1年生の数学の授業で習い、次の試験に出るとのこと。


数学できるんだぞアピールを目論みましたが、見事惨敗。


その上、CPに
「学生達は数学が良くできる。」
「自分も学生のころはできたけど、今はできないし、問題無いよ。」
とのフォローまでゲットするヘッポコっぷり( ̄∇ ̄;)


それでもめげずに、物理でどんなこと教わっているのかも今度話したいと思います。

スポンサーサイト
01
30
2011
2 comments

いろいろ片付いて反省

掃除後.jpg
掃除後の台所です。


大家の娘さんとその手伝いで来た女の子の2人がウチに来て、
台所からお風呂・廊下を経て玄関まで掃除をしてくれました。


大家さんが金曜日にウチに来たとき、
部屋が汚いと嘆き掃除をはじめ、帰り際に日曜日に人を送るから掃除させてほしいと。


2週もしくは3週に1度、掃き掃除や拭き掃除をして、
入居前の状態を維持しておきましたが、お気に召さなかったようで。。。


一方、大家の息子さんのほうは、
今日もう一度来ると言っていたのに来なかったので、
昨日のやりっ放しのセメントやら資材(ゴミ!?)やらを、
彼女達の掃除にまじって全部捨てたり、トイレの掃除をしました。


掃除が終わってみて、今までにないぐらい綺麗になりました。


それを見て、ここまで綺麗になるんだなぁという驚きとともに、
掃除が足りなかったことを反省しました。


ウチの母が住んでた家を他人に貸し、
使い方が悪いと怒っていたのを思い出しました。


自分からしたらボロくて汚いアパートなのですが、
大家さんからしたら大事な家なのかもしれません。


そのあたりの印象の悪さが、
大家さんの対応の悪さに繋がったのかもしれないとも思いました。


どちらにしても停電の頻度の問題があるので別のアパートを探しますが、
出て行く時まで今の綺麗さを維持できるよう努力します。

01
29
2011
2 comments

鍋とアジアカップ決勝と27歳

大家の息子さん9時半ぐらいに登場。
※最近わかったきたことで、ウズの人も待つのやバックレが嫌いなようで、
自分が行くというときは事前に電話で相手が待っているかを確認してきます。
⇒逆に考えると、「電話がない = 来ない」と思っていてもよさげ。



なんだかんだで修理屋さんの作業が始まったのが11時。
1時間ちょっとで作業が終わり、セメントが固まる2時間後から使えると言って、
帰って行きました。


途中、トイレや排水溝を触った手で、箸や味噌を興味ありげに触り始めてイラっときたり、
そもそも2人いれば十分な作業に5人もぞろぞろ修理に来るから時間を持て余して
家の中を徘徊したりと、イヤになることも多かったのですが、
とにかくトイレが使えるようになり一安心です。


一緒にお願いしてあったお風呂の排水の漏れは直してくれたものの、
トイレの器や貯水タンクを全とっかえでなく、ちょちょっと補修しただけだったり、
台所の流しの漏れは放置など調整員さんから聞いたのと食い違いましたが、
これは後日確認ということで。


CPには電話で大学に行かずに休むことは伝えていたので、
昨日からウチに泊まっていたモモ(サッカー)と一緒に少しブラブラして、
今日のメインの鍋パーティーの準備へ。


ブハラから同期隊員が友人を連れてウルゲンチに来るとのことで、
ウチの家からも食器や鍋を持っていったり、飲み物やお菓子の買い出しをしたり。


↓鍋パーティー
鍋パーティー.jpg
ウルゲンチに日本人7人集まって、同期が作ってくれた鍋パーティーです。
餃子も先輩隊員が作ってくれて、ビールとサイコーでした。
※ポン酢を送ってくれたモモのお母さんも、ありがとう!!


アジアカップ決勝の日本-オーストラリア戦もみんなで見て、
一緒になってピンチにハラハラして、決勝ゴールに歓喜して。


そして、自分の誕生日も祝ってもらいました。


↓プレゼント
プレゼント.jpg
ランチョンマット(下)と急須用の保温袋(右)です。
ショコラケーキも作ってくれて、ただただ感謝感謝♪


ホントの誕生日までは10日ちょっとあるので実感がうすいですが、
20代最後の年は、背伸びをしたり無理しがちな自分を抑え、等身大で行動、
けれど夢見ることを忘れないように。

そして、「今日はイイ1日だった。」と、思って眠りにつく日が増えればと思います。


で!!!、
タイトルの27は弟のことで、1月29日が誕生日で27歳です。


生活のことでバタバタしていたら、頭の中からどこかへ飛んでいってました。
1週間前は頭の片隅で「もうすぐ誕生日だなぁ。」と考えていたのですが。。。


このブログを見てるのかサッパリわかりませんが、ヒロには、
「27歳おめでとう!!20代後半、大人として十分な年齢になったね。
家に縛られず、もっとやりたいように、自由に突き進んじゃってもいいんじゃない!?」
と。


メールでもと思いましたが、
どうしても、もっと説教っぽくなったり小言が混じるので、ブログで失礼。


人に厳しく、自分に甘い兄ちゃんなので、
ウズベキスタンでもズルく、なんとかうまいことやってます。

01
28
2011
0 comments

ねこのきもち

ねこのきもち.jpg
これは書けません。


けれど、猫のように自由気ままによその家で過ごして、
都合の良い時だけ自分の家に戻るのもできそうです。


このたびのことで心配してくれた同期達から、
「ウチに泊まるかい?」とか、
「知ってるウズの人に泊めてもらえるようお願いしようか?」と、
とってもありがたいことを言ってくれるから。


でもそれはホントにきつい時までとっておこうかと。


敬遠はクセになりそうで
『敬遠は一度覚えるとクセになりそうで。』
タッチで達也が新田に真っ向勝負でホームランされたあと、
監督に勝負にいった理由を聞かれたときのセリフ。


苦しくても粘るのをやめると、
二度とその場所に帰って来れる気がしない、、、


甘えさせてもらってラクになるのは簡単だけど、もうちょっとやってみたいわけです。


昨日・今日と暖かい日が続いたから
調子に乗って偉そうなこと言えるだけかもしれませんが^^;




残りのトイレの問題ですが、
朝少し大学に顔を(排泄も)出し、家で授業準備をしながら連絡を待ちました。


すると調整員から「大家さんと連絡がとれて、直す方向で進む。」と、電話。
昨日お金がないの一点張りでしたが、現地人スタッフの方のサポートにいつも助けられます。


昼前に大家さんから連絡があり、今日修理屋さんを呼んで直すから、
家賃を前払いしてくれとのことなので、払って修理屋さんを待つことに。


4時ぐらいまで待ちましたが、
ほかの仕事があるから修理屋さんは来ないと、
土曜の朝9時に修理屋さんを連れてくると、大家さん。


口約束の軽さは仕方がないです。
明日も気長に待ってみます。




あとウズベキスタン代表、
3位決定戦奮闘して韓国を相手にして善戦していました。


前半でポコポコ3点とられた時は、「また!?」と思いましたが、
2点取り返して韓国をあと一歩まで追いつめました。


「あの大敗を払拭」まではいかないだろうけど、
初めてのアジアカップベスト4が少しでも良い記憶になるんだろうと思います。

01
27
2011
0 comments

いぬのきもち

いぬのきもち.jpg
これに記事を書ける気がします。


日課に早朝の散歩が増えました。


トイレを探すのが目的なのですが、
そんな目的で散歩をしていると、昔飼っていた犬のことを思い出します。


こだわって用をたすところを探していたのを、
こだわって探したわりにたいてい同じ場所ですませていたのを、
いまなら理解できます。


冬の寒い時期はこっちがつらいので、早く終わらせてくれよ~と思いながら、
半ばやっつけ気分で散歩に連れていったこと、少し反省。


↓街の様子
街の様子.jpg
三日月が綺麗だなぁとか、街灯って明るいなぁなんて考えながらふらふらしています。


一方トイレの修理ですが、
朝9時に大家の息子が修理の人を連れて来るとのことでしたが、
昼過ぎまで待っていても来ず、その間電話も一切繋がらず、、、


お腹の限界で外に出かけ、1時間置きに電話をかけるも、繋がったのは夕方。


来なかった理由を聞くも、お金がないから直せないの一点張り。
一旦切ったあとかけなおすも、また繋がらない。。。


家に戻ると今度は近所の人達がガス屋と揉めていて、
どうやらお金を払わないと「あなたの家のガスを止める!」
と、半分脅しで言ってまわってる模様。


ウチのところも大家さんに払うように言えと言われるも、電話に出ないわけで、、、


生活のサポート役の学校関係者(先生?)にも電話が繋がらず。。。


こりゃ厳しいと思い、JICAの調整員に電話するも、
あーだこーだ言われたあげく、自分でなんとかするしかないと理解。


1000Km離れた首都タシケントでぬくぬく過ごしてたら、
こっちの状況が理解されないは仕方がないのかなぁとも思ってみたり。


赴任直後に電気代で1万円以上の金額を払えと言われ、
交渉がこじれてヘルプの電話をしたときは、瞬く間に解決だったなぁ、、、


調整員も人間なので、対応する人によっていろいろ違うんだなぁとも。


気を取り直して、ガスの値段を聞いてみると、
いつの分からか不明で約6000円。


自分が全部払って済む問題ならと考え始めたところで、同期からの電話。


同期に助けてもらって、赴任した8月からの分、約2800円を払い、
ガス屋さんにガスを止めるのは勘弁してもらえました。


今日も生活のことでくたびれました。

Total 8 Pages:»

Urgench Time

Urgench Temp

Click for Urgench, Uzbekistan Forecast

Tweets

Counter (visitor)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。