Sorry, no corresponding articles.
--
--
--
no comments

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12
31
2010
0 comments

大みそか

朝ごはんのあと、近くの村隊員(マーとモモ)は、
それぞれのウズベク家族と過ごすためホームステイ先へ帰宅。
※冬休みに入り、ウチに2泊してウルゲンチ市内を楽しんでいったみたいで良かった(^―^)


大みそからしく、掃除に洗濯にと家事をこなし、
昼は年越しということで、姉が送ってくれた鳥そばを作って食べて、
日本を懐かしんでみたり。


そのあと、
今日の夜更かし&ウォッカ対策のため、少し昼寝。


さて約束の時間が近づき、いざ出発。


今夜はウズベクの友人(オディールビック:同い年の誕生日4日違い)の家に行って、
彼の家族達と年越しを過ごします。


彼は兄弟3人でバザール近くのチョイホナ(大衆食堂)を経営していて、
そこで集合とのこと。


到着すると、店は営業終了、裏口から入れてもらいました。


裏方を一通り見学させてもらった後、
一番上のお兄さんの経理処理を手伝うことに。


↓経理処理中のお兄さん
経理処理中のお兄さん.jpg
31歳妻子持ちで、このチョイホナの実質的社長。
職業柄、コンピュータで管理していたら、売上と仕入だけ入力して、
この作業は現金残高だけチェックするだけになったりで、
ラクになるんだろうなぁと思ってみたり。


彼ら3兄弟の家へ行くと、すでに用意万端。


兄弟の父は既に他界していて、お母様にごあいさつ。


準備に精を出している女性陣を横目に、
男性陣は飲み始めます。


ウォッカ以外にビールやシャンパンもあったので、
乾杯の時だけウォッカでほかはビールが飲めて助かる。


なーんて思ったのもつかの間、
一番上のお兄さんの友人が次々に登場し、乾杯の連発Σ(゚Д゚


↓友人達と
友人達と.jpg
10人ぐらい近所からあつまり、
誰かが一言挨拶→乾杯(ウォッカのイッキ)⇒次の人の挨拶
のループが炸裂で早くもピンチ(o´Д`)


ループがひと段落し、落ち着いてのめるようになるのかなぁ、、、
ってなわけもなく、今度は近所の家を回ろうとのこと。


断ることもできず、
一番上のお兄さんと友人達の家々を回ることに。


オディールビックには飲まずに回ってきなと言われたものの、
行く家行く家で執拗に勧められ断れず。


↓友人の家の1つ
友人の家の1つ.jpg
このお宅は、直系3世代で住んでるとのこと。


4軒回ったところで、激しい眠気(@_@)


眠くてこれ以上は回れないことを訴えて、
なんとかオディールビックの家へ。


と覚えているのはそこまで。


あとは宴会をしている客間の隅で、
毛布をかけてもらい、ひたすら眠り続けていたとのことρ(-ω-、)
※以降の写真は、「寝てる間にカメラ借りたよ。」と。


↓オディールビックと彼の友人達
オディールビックと彼の友人達.jpg
左から3番目がオディールビック。


ここウルゲンチでは、
大晦日(深夜12時まで):友人のところや親族のとこに挨拶回り
元旦(深夜12時から):一番身近な家族・親族と自宅で過ごす
というのがスタンダードらしいのですが、
酔いつぶれてしまったために、後半戦に参加することができず、、、


ウズベクの家族の雰囲気や話しを聞くのを一番楽しみにしていたのに。。。


↓ここの家族の皆さん
ここの家族の皆さん.jpg
写っていない人もいて、
母、兄、オディールビック、弟、3兄弟それぞれの妻子の13名の家族。


2010年、ウォッカに一番困らされてきましたが、
最後の日にもウォッカにやられて、そのまま年を越しました^^;
スポンサーサイト
12
30
2010
2 comments

仕事納め

今日で今年の仕事納めでした。


といっても大掃除であったり、ほかの何か特別な仕事は無く、
先生達や職員の人達は、いつもと変わらずまったり仕事をしていました。


お昼時に軽いパーティーみたいなものに誘われましたが、
来年のカリキュラム作りをしたいのと、ウォッカを飲むには疲れていたのとがあって、
しんどいなぁと思っていたら、断る先生が登場Σ(゚Д゚


ラッキーってことで、一緒になって断っちゃいました。
※きっと新年にもそういう場はたくさんあると思うので、問題ないでしょう( ・ω・)ノ


いつの間にかCPと自分が使う部屋の鍵を取り替えたらしく、
新しい鍵を受け取りました。


これまで1つしか鍵がなく、その鍵の管理がよろしくなくて、
いろいろ困らされてきましたので、とても助かります(^―^)


↓部屋の扉
部屋の扉.jpg
知らぬまに、扉に新しくプレートがつけられていました。
プログラミングコンテスト向けコンピュータラボを意味しています。


来年は、
・大学のカリキュラムに無い技術の定期的な授業
・10月のプログラミングコンテスト参加に向けての学生のサポート
・その他の大学の改善(学内で実用的なシステム作りのコンテストをできたら)
を軸に活動することになりそうです。


本年はホントにたくさんの方々に大変お世話になりました。
ただただ感謝感謝です。


みなさま良いお年を~(^-^)/

12
29
2010
0 comments

青年海外協力隊の費用

事業仕分けのことで気になり、
自分達の派遣には一体いくらかかっているのかを
以前調べてみました。


↓参考サイト(JICA公式サイト)
http://www.jica.go.jp/information/other/2010/pdf/20101117_02.pdf


全て21年度実績ベースです。
※資料の関係上、青年海外協力隊及び日系青年ボランティアの合算。


【活動実績】4188名
【関連経費】14053百万円

 ↓
【1年あたりの1隊員にかかる経費】336万円


応募-訓練-活動-帰国後支援で、
ほとんどの場合3年間にまたがってお世話になるので、
1隊員あたりトータル約1000万円になるようです。


では、、、


これは高い数字でしょうか?
それともコスト節約の努力が見られる妥当な数字でしょうか?


正直、自分にはサッパリ判断つきません、、、


大手企業の新卒採用から3年後に一人前になるまでの教育費など、
もろもろで1人あたり1000万円は下らないとか、
人材業界のバブリーな頃の話と比べて考えると、
低コストで運営できているものだなぁと感心してしまいましたが。。。


さて、話しのおおもと事業仕分けのことですが、
ここでは言及しません。


テレビなどのニュースでは事業全体のことは論じられてますが、
ミクロな視点からのはとても少ないので、
そんな数字だけをインターネットに発信してみました。
※こうやってブログを続けているのは、ミクロなところから活動を発信するためでもあります。


そして事業仕分けについては、
活動が始まって半年でまだ見えていないことだらけで、
なんとも言えません^^;


【事業の目的】
開発途上地域の住民を対象として当該開発途上地域の経済及び社会の開発又は復興に
協力することが目的であり,
①途上国の経済・社会の発展への寄与,
②友好親善・相互理解の促進,及び
③ボランティア経験の日本社会への還元
の3点を事業趣旨・理念としている。
国民が自発的な意思に基づいて参加する国際協力のための事業である。
---



を(訓練でミミタコですけど)、まずは2年間念頭に置いて活動してみます。
※イラっときたら、忘れそうですが(。・ω・。)


活動を終えたらなにか物申したくなると思うので、
この続きはそのときに~

12
28
2010
0 comments

新年だから?

ウルゲンチの街では、
新年のお祝いに向けて、
日に日に雰囲気が高まっています。


大学の先生達から、
「もみの木に行ったか?」
と聞かれ、なんことか聞いたところ、
ウルゲンチの中心に広場があるのですが、
その横の公園でイベントをやってるとのこと。


うちのCPが看護師の隊員を誘って行こうというので、
夜遅くならなければいいっかぁと思い、誘って行ってみることに。


公園の中心にもみの木があり、そのまわりに屋台なんだか、
なんなのかよくわからない小屋がたくさん。


会場には見物に来た人が結構多くいて、ウチの学生も何人か来ていました。


↓かぶり物たち
かぶり物たち.jpg
サンタクロースはともかくそれ以外はパクリですが、やっぱり雑なパクリ^^;


↓中身の人
中身の人.jpg
本物とは違って、コピーは中身も見れます(笑)


↓記念に写真
記念に写真.jpg
こんなかんじで記念に写真をとって販売したり、おひねりをもらっているようです。


「食べ物や飲み物で特別なものないの?」
とCPに聞くも、無いとのことρ(-ω-、)


なんとなくブラブラしていると、
公園の一角に小さな動物園を発見♪


↓ラクダ
ラクダ.jpg
大きな口でむしゃむしゃ草を食べてました。
砂漠で活躍するのは、もっと大きいとか。


↓うさぎ
うさぎ.jpg
こっちで初めてウサギを見ました。
ペット用らしいのですが、日本のより一回り大きいです。


↓山ヤギ
山ヤギ.jpg
普通のヤギと違って、ごつくて足が短いです。
山で力強く生きているとこうなるのかもしれません。


動物園は、あと知らない鳥が2種類いて、
全部で5種類の動物達。


会場の裏で屋外食堂が営業していたので、
そこでシャシュリクを食べて帰りました。


↓ライトアップされたもみの木
ライトアップされたもみの木.jpg
よくわからないイベント(新年が近いからそれのお祝いだと(@_@))でしたが、
ライトアップされたもみの木は綺麗でした。


31日の夜から日付が変わるころが一番盛り上がるそうです。

12
27
2010
0 comments

冬休み突入

「25日に今年の授業が全て終わり、職員は30日まで。」
と、副学長から聞いていたので、とりあえず大学へ。


学生達が全然いないので閑散としていましたが、
たしかに職員の方々は仕事をしていました。


CPは月初にあった試験の採点や成績付けをしていて、
自分はその横でJICA関係の報告書を書いたり、来年の授業の準備をしたり。


5日ぶりに大学へ来たら、ちょっとした変化。


↓正面入り口の広場
正面入り口の広場.jpg
タシケントへ行っている間に雪が降ったとのことで、
建物の影になって1日中、日が当らないため、とけずに残ってました。
※ウルゲンチは大陸性乾燥気候という特殊な地域で、冬は少し雪が降るそうです。


常に雪があると大変ですが、たまにある雪は嬉しいものです♪

Total 7 Pages:»

Urgench Time

Urgench Temp

Click for Urgench, Uzbekistan Forecast

Tweets

Counter (visitor)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。