Sorry, no corresponding articles.
--
--
--
no comments

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
09
09
2011
0 comments

Kiesはアップデートしたけれどgingerbreadにアップデートできなかった

KiesにGalaxy S GT-I9000を繋ぐと.jpg
KiesにGalaxy S GT-I9000(海外版)をつなぐと、アップデートの文字が。


久々にKiesを開くと、
アップデートを案内されたので、
実行してみました。


UIが変更されたようで、
いろいろ弄っているとGalaxyのアップデートの案内。


念のため、
ネットでちょいと検索してから実行。


すると、
アップデート前のバックアップ処理でエラー。


これはKiesの再インストール&Windows再起動で解決したけれど、
アップデートでWindowsからエラーが通知されてしまいます。


いろいろ調べてみたところ、
Kiesが64bitのWindows7と相性が悪そうと結論付け、
無理はしないことにしました。


「iTunesほどのとは言わないけれど、
それなりのパソコン母艦用のソフトを提供できなければ、
買い替え時に他社のAndroidやiPhoneにのりかえるよSAMSUNGさん。」
なんて思ったわけで。
スポンサーサイト
07
17
2011
0 comments

日本通信のtalkingSIMの使用感と解約

利用していた日本通信のtalkingSIM.jpg
日本に一時帰国した際、Galaxy S GT-I9000(海外版Galaxy S)に入れて使っていました。


使用感としては、
ウルゲンチのほぼ2.5Gな3G回線、
タシケントでも首都のPC隊員が使えないとぼやく3G回線とは、
比べ物にならないぐらい安定して3G回線を利用できました。
※FOMA回線を間借りしているので当然なのですけれど


ですが、速度が数10キロの世界のため、
メールやtwitterを利用するぐらいならともかく、
アプリのダウンロード、動画視聴、カメラ付きskypeなどはとても厳しかったです。
※ベストエフォート方式で、周囲で同時に使う人が多かったから???


今回のようにスポット的に使うなら悪くないですが、
日本で普通に生活する人たちが利用するのには、値しないと感じました。
※安かろう悪かろうの部類なので


いま東京で長期にスマートフォンを使うなら、
海外版のiPhone4にDocomoのテザリング可のSIMをさして、
携帯とインターネットの契約や利用を集約するのが1番かと。


日本での利用が終わったので、
ウルゲンチに戻ってからネットでこの日本通信のtalkingSIMを解約しました。


かかった料金は全部で8839円、内訳は以下のとおりでした。
初期手数料:3150円
6月分(06/18~06/30)月額基本料:1722円
7月分(07/01~07/31)月額基本料:3967円
05
29
2011
0 comments

なぜか認知度の高いAjax

ウチの大学の情報工学科の先生や学生の間では、なぜかAjaxの知名度が変に高いです。何か憧れに近いものになっていて、使えたらかっこいいみたいな雰囲気を感じることも、、、


技術のキーとなるJavascriptが得意っていう先生もいないし、学生曰くJavascriptの授業は、2年生のときに2コマぐらいチョロっとやるだけなんだとか。XMLに関しては、その単語さえ聞くことが無いです。


個人的な認識としては、GoogleマップやGmailで一気に広まったのが4~5年前で、2~3年前のjQueryの登場により、AjaxはjQueryが提供するリッチなWebを構築するために使われる技術発想の中の1つという位置付けで、jQueryが動的Web構築の中核となり、主戦場がスマートフォンに移行しつつあるのが今の流れ。


Ajaxは手法の1つで、その考え方を知るのも大事ですが、それはハイレベルな人達の話しで、その前に実践的なことを、動的Webのメリットやデメリット、実装する方法やjQueryの使い方、そもそももっとJavascriptやXMLについて学ぼう!!と思うわけで。。。


先日、4年生のティムールが3年生のサッポロボーイにAjaxを教えるというので見学。


jQueryで他のhtmlから要素を引っ張ってくるサンプルを使って教えていました。


↓サンプルはこんな具合だったかと。
http://blog-imgs-42.fc2.com/k/u/r/kuraclock/sample.html


プログラムのソース

いちおうソースを書いておきます。

メインのHTML
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Strict//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-strict.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" xml:lang="ja" lang="ja">
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=euc-jp" />
<title>sample</title>
<script type="text/javascript" src="./jquery-1.5.1.min.js"></script>
<script type="text/javascript">
$(function(){
$("button.button1").click(function(){
$("div.targetDiv").load("./html1.html p");
});
$("button.button2").click(function(){
$("div.targetDiv").load("./html2.html p");
});
});
</script>
</head>
<body>
<button class="button1">button1</button>
<button class="button2">button2</button>
<div class="targetDiv"><p>sample<p/></div>
</body>
</html>

内容を引っ張られるHTMLその1
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Strict//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-strict.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" xml:lang="ja" lang="ja">
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=euc-jp" />
<title>title_html1</title>
</head>
<body>
<p>html1</p>
</body>
</html>

内容を引っ張られるHTMLその2
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Strict//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-strict.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" xml:lang="ja" lang="ja">
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=euc-jp" />
<title>title_html2</title>
</head>
<body>
<p>html2</p>
</body>
</html>

ティムールならもしかしたらと思いましたが、やっぱりjQuery。


JavascriptのライブラリをくんでAjaxを実装するようなことをやられたら、荷物をまとめて日本に帰るところでした^^;
05
23
2011
1 comments

FC2BLOGでIE9のレイアウトが崩れる理由

テンプレートの変更でInternet Explorer(以降IE)9の表示だけおかしくなり、
ローカルで開くと正常であるのものがFC2BLOGのテンプレートに設定するとなぜだろう?
とハマりました。


理由が分かり、IE7のレンダリングモードでIE9に表示されていたからでした。


<meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge" />
を<head/>直後のmetaに追加して解決しました。


↓こちらを参考にしました。
FC2ブログでIE9の機能(HTML5やCSS3)を使う方法 : FC2ブログ - Paroday
05
18
2011
0 comments

Adobe Flash Player のアップデート

Adobe社のFlash Player10.3が先日公開されました。

そのアップデートについてのメモです。

Flash Playerとは


Flash Playerは、Youtubeなどの動画共有サイトやインターネットゲームをはじめ、その高い表現力から多くのWebページで利用されています。しかしながら、たびたび発見される脆弱性は、インターネット経由の攻撃に悪用されやすく、定期的にアップデートする必要があります。

バージョンの確認


↓このサイトにアクセスして、アップデートをする前に現在のバージョンを確認します。
http://www.adobe.com/jp/software/flash/about/

Windows版のFlash Playerでは、「Internet Explorer」版と「その他のブラウザ」版、「Chrome」版に分かれていて、それぞれのブラウザで上記へアクセスしてアップデート前のバージョンを確認します。

flashplayerのversion確認.jpg
これはFirefoxでアクセスした画面で、中段付近にアクセスしたブラウザソフトで利用しているFlash Playerのバージョンが、下のほうに各プラットフォームについての最新版のバージョンが表示されます。これに差分があればアップデートの必要があります。

自分の場合、利用しているブラウザはInternet Explorer、Firefox、Chrome、Safari、Operaの5つだったので、「Internet Explorer」版、「その他のブラウザ」版(Firefox、Safari、Opera用)、「Chrome」版のアップデートが必要でした。

アップデート


「Internet Explorer」版と「その他のブラウザ」版、「Chrome」版、それぞれで方法が異なります。

「Internet Explorer」版


バージョン確認画面の内の真ん中付近にある「Flash Playerダウンロードセンター」をクリックします。

InternetExplorer版のアップデート.jpg
中段より少し上の「ダウンロードに含める」はGoogleツールバーのインストールについて聞かれているので、不要であればチェックをはずして今すぐダウンロードをクリックします。

すると実行ファイルのダウンロードが始まり、ダウンロード後アップデートの開始、使用許諾契約の同意にチェックをして、インストールをクリック、インストール完了後に完了ボタンをクリックで完了です。

「その他のブラウザ」版


バージョン確認画面の内の真ん中付近にある「Flash Playerダウンロードセンター」をクリックします。

その他のブラウザ版のアップデート.jpg
今すぐダウンロードをクリックします。

すると実行ファイルのダウンロードが始まり、ブラウザの画面にインストール手順が表示されます。その手順に沿って行い、ダウンロード後アップデートの開始、使用許諾契約の同意にチェックをして、インストールをクリック、インストール完了後に完了ボタンをクリックで完了です。

もしFlash Playerのダウンロードマネージャーの表示が残っていたら、「閉じる」ボタンを押して終了させます。

「Chrome」版


Chromeは内蔵しているFlash Playerをアップデートするには、Chrome自身をアップデートします。画面右上のスパナのマークの Google Chrome の設定 > Google Chrome について をクリックします。

Chrome版のアップデート.jpg
この画面で最新版にアップデートを実行し、Chromeのバージョンが11.0.696.68以上になれば完了です。

Total 5 Pages:»

Urgench Time

Urgench Temp

Click for Urgench, Uzbekistan Forecast

Tweets

Counter (visitor)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。