Sorry, no corresponding articles.
--
--
--
no comments

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11
20
2011
0 comments

カラ探検2日目

ラクダのアップ.jpg
朝起きて、最初にラクダに絡みました。


そこらへんにいっぱい居たので。


乱暴者なのか紐で前足を結ばれていたラクダと.jpg
紐を解いてほしそうでしたが、頑丈かつ複雑な結び目でした。


砂漠の砂.jpg
砂漠の丘から日が出る地平線を見るため、砂を踏みしめて移動。


地平線からの日の出.jpg
何もない地平線からの日の出は、なんとも言えない不思議な印象でした。


小さいほうのアヤズカラ散策.jpg
朝ゴハンを食べ、昨日行かなかった小さいほうのアヤズカラを散策。


ヒヴァのカルタミナル.jpg
ウルゲンチを通り、そのままヒヴァへ。


カラ探検のトリで、ヒヴァのイチャンカラを散策。


シーズンオフな時期だけに、
閉まってる店が多かったですが、
見たことのないヒヴァの姿だったので、
興味深かったです。


バザールでよく目にする孔雀おばさん達.jpg
ほかにもバザールで孔雀おばさんをウォッチングしたり。


ぶち模様の羊.jpg
ぶち模様の羊を見たりと。
スポンサーサイト
11
19
2011
0 comments

カラ探検1日目

探検隊員達.jpg
こんなメンバーでカラ探検へ。


カラは、この地方で栄えたホラズム王国の城砦の跡。


カラカルパクスタンだけで数十ヵ所残っているのだとか。


キジルカラ.jpg
最初に行ったキジルカラ。


キジルカラ散策.jpg
内部の散策。


トゥプロクカラ散策.jpg
次に行ったトゥプロクカラは、少し違いが。


謎の横穴.jpg
謎の横穴に納まってみたり。


ユルタの近くの展望スペースでジャンプ.jpg
ジャンプしてみたり。


アヤズカラからの夕暮れ.jpg
探検の締めはアヤズカラからの夕暮れ。


宿泊するユルタ.jpg
宿泊はユルタで。


ウォッカで乾杯.jpg
ウズベキスタン式にウォッカで乾杯して。


ウズベク料理で晩餐.jpg
ウズベク料理で楽しい晩餐。


ユルタからの星空.jpg
流れ星をたくさん見てから寝ました。
05
08
2011
0 comments

山に墓をつくるワケ

やってきた場所はモスク.jpg
山へ旅行に行こうとCPや講座長に誘われ、やってきたのは小高い場所にあるモスク。


場所は、ウルゲンチからブハラ側の行ったところのカラカルパクスタン


アムダリヤ川を越えてしばらく緑のある場所が続き、
その後始まる砂漠ゾーンに入って、しばらくいったところのあたり。


↓近づいてみると
近づいてみると.jpg
モスクの周囲には無数のお墓。


↓名前のプレート
名前のプレート.jpg
この墓で眠る死者のことが書かれていました。


↓死者の家
死者の家.jpg
ただ土葬するのではなく、家の形をした墓に葬ります。


すぐにモスクや山に行かずに、近くの施設で食事。


日本で言うドライブインのような場所で、
そこでは食事処はもちろんのこと、
お土産コーナーや自分達で料理をするためのスペースも用意されていました。


食事をしながらいろいろなことを教わりました。


この場所は、墓参りをする人やお参りに来る人がたくさん訪れる場所であること。

墓参りやお参りの前に食事をする習慣があるということ。

ウズベキスタンの前身の諸国、ホラズム、ブハラ、コーカンドなどの
祖父と呼ばれる人が眠る土地であること。

この付近は地下水脈が浅いので、
低い土地に葬るのは水源に影響が出るため避けるべきこととされ、
できるだけ高い土地に葬る習慣があるということなどを。


↓モスクへ
モスクへ.jpg
食事後、モスクへ。


↓メインの建物
メインの建物.jpg
この中でお布施して祈りをささげたり、お経?歌?を聞くことが一番の目的のようでした。


お参り後、モスクの奥にある山へ。


↓山
山.jpg
山と言っても30~40mの岩山が付近に点在するような場所。


↓一番高そうな場所から
一番高そうな場所から.jpg
砂漠の中の小さな岩山なので、そんなによい景色ではありませんでしたが、
山も海も無いウルゲンチに住む自分には、風を受けて景色をただ見てるだけの時間が、
とても楽しかったです。

Total 1 Pages:

Urgench Time

Urgench Temp

Click for Urgench, Uzbekistan Forecast

Tweets

Counter (visitor)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。