Sorry, no corresponding articles.
--
--
--
no comments

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
06
01
2011
0 comments

子供の日

22時を過ぎても混乱する交差点.jpg
22時を過ぎても普段の昼間以上の車のクラクションと人々の交通量。


というのも今日は子供の日だから。


朝からウルゲンチの中心部は交通規制があり、
乗ったダマス(決まったところを巡回する乗り合いタクシーな軽ワゴン)は、
迂回して乗客にどこで降りるのかを聞いてきます。


なんで交通規制なんだろう?と思っていると、
現地の人が運転手に同じことを聞き始め、子供の日でお祭りだからとのこと。


大学は至っていつも通りで、今日も授業があり、
自分は学内で公開するためのWeb資料作りやら、4年生の卒業制作のヘルプやら、
先生達とチャイ(ウズ語でお茶)しながらコメディアンのビデオを見たりと。


で、ネットカフェによって調べ物をした帰り道、
中心部の公園で何かやっていたようで、たくさんの人と、
その帰路を狙って集まってくるタクシーで交差点が混乱していました。


日本のお祭りでもよく見るような光りものを手にする子供達、
めんどうなタクシーの客引き、交通規制や警備でそこらじゅうにいる警察官、
ぜーんぶ横目に見ながら、歩いて帰りました。
スポンサーサイト
05
25
2011
0 comments

夏休みが始まるから浮かれてるんだね

バザールの前の交差点.jpg
昼下がり、交通規制や通行止めで混乱していたバザールの前の交差点。


朝からいつもとは違う雰囲気を感じ、
マーやモモが働く小中学校では卒業の日だと聞いていたのでその影響何だろうと。


自分の働く大学では、昨日より学生が少なくて静かだなぁ。


授業は普通にあるし、ウチんとこは関係ないんだろうなぁとも。


昼過ぎに食事や買い物で大学から外出して、
目に見える様子の違いにびっくり。


バザールやチョイホナ(大衆食堂)に若い子、高校生以下の子供(特に中学生ぐらい)が多っ!


しかも、男の子も女の子も勝負服のような恰好している子が多く、
狙ってるのかただだらしないのかわからない締め方をしたネクタイ、
光沢がホストのスーツっぽいパンツ、
体のサイズにあってなさそうなノースリーブのワンピース、
ワカメちゃんにせまるような短いスカートなどなど。


中には文字の書かれたタスキをまとった女の子がいて、
彼女らの容姿から、ミス○○マクタブ(マクタブはウズベク語で9年制の小中学校のこと)
とかあったのかなぁなんて思ってみたり。


なんだ?なんだ??んっ(@_@)
と思ってるうちに時間が過ぎ、結局ランチをとらずに大学へ戻りました。


ウチの学生に聞いたところ、
今日で小中学校の2010/2011期が終わり&明日から夏休みで浮かれていて、
放課後に周辺からウルゲンチ中心部に集まって来るんだとか。


高校や大学は別で、高校は学校によってまちまち、
大学では6月前半まで授業、6月後半が試験、7月から夏休みになるはずとも。


講座長のショヒダによると、
今日は祝日で、名前はオフィルギクングロック(日本語で最後のチャイム)なんだとか。


中心部の公園.jpg
中心部の公園には平日の昼間にも拘らず、たくさんの中高生が集まっていました。

05
09
2011
0 comments

追憶と尊重の日

追憶と尊重の日.jpg
今日は、キリル文字で хотира ва қадрлаш куни(直訳:追憶と尊重の日)です。


元々は旧ソ連時代の第二次大戦での対独戦勝記念日で、
2001年に現政権が改名して今に至るそうです。


戦争に勝ったことを喜ぶ日から、
平和のために命を懸けて戦い亡くなった人達を偲び重んじる日と名前が変ったと聞いて、
素晴らしいことだと思いました。


何かしらのイベントをどこかでやっているはずなのですが、
遭遇することができず。。。


↓хотира майдони(直訳:追憶の広場)へ
追憶の広場.jpg
ホラズム州からの第二次大戦戦没者名が刻まれた碑とお母さんの像があります。


宗教上のことなど作法はサッパリわかりませんが、自分なりに平和を祈りました。


ウルゲンチ中心部
今日のウルゲンチ市内.jpg
今日もいつもと変わらない平和なウルゲンチでした。

05
01
2011
0 comments

メーデーないのね

春の訪れを祝う日であったり、労働者が団結して権利を要求する日、メーデー。


別名「労働(者)の日」なんて呼んだりするみたいですが、
ここウルゲンチでは、いつも通りの日曜日。


バザールに人が集まり、大学は普通にお休み。


大学の先生達にメーデーのことを尋ねたら、
聞いたことはあるけど、あんまりよく知らないんだとか。


過激なイベントに発展している国もあることを考えたら、平和でなにより~

04
01
2011
0 comments

エイプリルフールなんて気分には

大きなことから小さなことまで、
いろいろなことが積み重なり、そんな気分にはなれず。。。


ウズベキスタンでも冗談やウソをついていい日とのことで、
大学でも学生主体のイベントや職員達のパーティーがありました。


が、自分は体調不良を理由にして行かず、
一人職員室で授業の資料を作りながら考え事をしていました。


震災や原発、同期の訃報(連絡を受けた自分の誤解であることを願ってる自分もまだいるわけで)、
自分の要請と現場のズレなど活動のこと、ここでの生活のことなど、、、


↓こんなときだからこそ、これぐらい気のきいたイタズラできるといいのになぁ。。。
Google Japan Blog: 今年のエイプリルフール

Total 2 Pages:»

Urgench Time

Urgench Temp

Click for Urgench, Uzbekistan Forecast

Tweets

Counter (visitor)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。